忍者ブログ
自転車好きの工作好きです
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 最新コメント
    [11/25 やだ]
    [07/23 エンツォR]
    [07/20 かめまる]
    [07/11 kincyan]
    [06/13 kincyan]
    プロフィール
    HN:
    emo
    性別:
    男性
    趣味:
    自転車 工作
    最新トラックバック
    バーコード
    ブログ内検索
    忍者アナライズ
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    こんばんは、emoです。
    さらに工作ネタ、続きます。


    まず、我が家のANCHOR RFX8のペダルについて。


    *****************************************************************
    いちいち解説みたいなのが入りますが、その時にどんなことを考えてたのかなーとか、なんでそうしたんだっけなーとか、日記みたいなものですからお許しくださいませ。
    *****************************************************************

    注文時にはペダルのことなんかよく分からなかったので、フラットペダルで発注しました(ペダルに限らず実はほとんど何も分かってなかったですね)。
    納車までに勉強したことは、ShimanoならSPDとSPD-SLという種類がある。SPD-SLはロード用、SPDはマウンテンバイク向けだが一部ロードっぽいのもある。他メーカーも色々出しているがロード用が多く、ペダルとクリートはメーカー間の互換性は無い。靴はある程度融通が利きそう。SPDはねじが2つ、ロード用は3つが基本。驚いたことにソールの材質にカーボンを使ったものまである。―そうなんだ、硬い方がいいんだ。

    納車されて数日後、通勤途中のちょっとした段差で左足首を痛めてしまいました(歳は取りたくないですね)。普通に歩く分には何ともありませんが、ひねるとちょっと痛いです。SPDはSLに比べてリリース力が弱く設定できるので、足首にやさしいSPDにしました。最初に選んだペダルがShimanoの片面フラットSPDペダル PD-A530、靴は紐靴で見た目がスニーカーっぽいShimano SH-MT31でしばらく乗っていました。 半年後に同じSPDでもロード寄りの靴 SH-RT51、さらに3か月後に一見ロード用ペダルに見える PD-A520になりました。このペアは今でも状況により使っています。初代のペアは知り合いにドナドナしました。
    本物のロードペダルが欲しかったのですが、歳のせいか疲れてくると足首が多少痛むこともあり見送っていました。

    ここで朗報が。LOOKのKeO classic というモデルがリリース力を弱く設定できるらしい。すぐに飛びつきました。結果満足です。シューズは(さっきまで靴って言ってたのに)SIDI GENIUS 5 PRO とかいうのにしました。以来1年半、ほとんどがこれです。あれほど恥ずかしかったコンビニでのペンギン歩きは、今では何とも思いません。


    さて、タイトルの「ビンディングスリッパ」ですが、三本ローラーを導入した時、部屋でビンディングシューズを履くのに少々抵抗がありまして裸足で乗りました。さすがに足の裏が痛いのでスリッパを履きました。専用のスリッパをスーパーで買いました。
    DSCF4343_R.JPG
    ちょっいとばかりゴージャスですが、見た目で選んだのではなく、ソールの硬さでチョイスした結果です。健康のためのイボイボも付いてます。








    クリートつくかな?








    ジャーン! SPDスリッパの誕生です。
    DSCF4252.JPG











     木の板にクリートをねじ止めし、スリッパの裏に貼り付けたものです。



    結構調子良かったのですがだんだんボロが出てきました。スリッパと木の板は接着剤で付けていますが、いくつか試したもののいい接着剤が見つからず、何度か剥がれました。また、乗車の時には全体重が片足にかかり、クリートが出っ張っているおかげで木の板に負担がかかります。やがて板は割れてしまいました。

    何かいい素材はないかなー、と彷徨っていたとき東急ハンズで発見しました。
    カーボンです。

    SPDスリッパはカーボンソールバージョンへと生まれ変わりました。
    DSCF4253.JPG








     スリッパとの接着は相変わらずあまり芳しくありません。最終的には強力両面テープに落ち着きました。
     1.5㎜厚の板ですが、さすがカーボン、しなるけれども割れる気配はありません。





    そしてLOOKペダルに変えた現在、このスリッパはKeOスリッパになっていることは言うまでもありません。
    DSCF4345_R.JPG







     ビンディングスリッパ第三弾
    KeOスリッパ・カーボンソールバージョン






    (マッタク、ショーモナイナァ)
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    我が社の一部門にカーボン専門部門がありまして、カーボンシートをタダで沢山頂いたことがありました。ラジコン用にキープしたんですが、記憶では使っていない。たぶん納戸をゴソゴソしたら見つかると思います。
    俺も作ってみようかな?
    はんぞうさん / 2011/02/25(Fri) /
    無題
    型を作ってカーボンシートを貼って樹脂を流し込んで…。やったことありませんが、いずれ挑戦してみたいとは思っています。大がかりな作業になっちゃいそうだなー。
    emoさん / 2011/02/26(Sat) / URL
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    工作4・ステムキャップクロック HOME 工作2・ヴェロドローム
    Copyright © emoです All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]