忍者ブログ
自転車好きの工作好きです
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 最新コメント
    [11/25 やだ]
    [07/23 エンツォR]
    [07/20 かめまる]
    [07/11 kincyan]
    [06/13 kincyan]
    プロフィール
    HN:
    emo
    性別:
    男性
    趣味:
    自転車 工作
    最新トラックバック
    バーコード
    ブログ内検索
    忍者アナライズ
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    こんばんは、emoです。

    1からの続きです。ロードバイクを「買うぞ」と決めてから納車までを思い出しながら・・・。


    どうせ乗るならロードレーサー、種類は早い段階で決めていました師匠も乗ってるし。メーカー(ブランド?)がたくさんあることも分かってきました。その中で「日本人だから」、「今乗ってる自転車と同じだから」という理由でブリジストンに決定です。種類も豊富で手が届くものの中からでも選択肢があります。
    ANCHOR2008のカタログを眺めていてRCS5 Equipe、RA5 Equipeというアルミフレームのロードレーサーに白羽の矢を立てました。カラーはレーシングイエローかレーシングゴールド、これっきゃ無い。師匠からの教えで「コンポは10速の105以上のグレードにしなさい、上位と互換性があるから」という条件にも合います。当時はよく意味がわかりませんでしたが。
    駅の向こう側にあるSサイクルで聞いてみると、納期が2ヶ月くらいかかる? それまでの自転車は注文して2~3日すれば新しいのに乗れたのに、車よりかかる納期に驚きました。さらに実物は(自分で探し回らない限り)見られない、サイズ・カラーはもちろんステム長やクランク、オプション類も完全に決めてからの発注になるということでした。一旦出直すことにしました。

    師匠に相談すると、この世界では半年くらい待つということもざらであるし、時期を逃すとフレーム自体が手に入らなかったりするそうです。
    そーかー、これが普通なんだー。

    数週間後の7月の初めに発注しました。2008年型RFX8 Equipe、カラーはモノトーンの白。
    白羽の矢が刺さったのとはずい分違うものを頼んでしまいました。
    「もういいかげん歳だし、もっといいのが欲しくなっちゃいそうだし、だったら最初からあまり妥協しないで軽いカーボンにしようかなー」とか考えて、その中でもお買い得感のあるRFX8にした次第です。
    色は、派手なカラーリングで目立つのが何となく恥ずかしくなってきたので真っ白に。

    そして待つこと2ヶ月、2008年8月20日にロードバイクが我が家にやってきました。
    以来2年半、RFX8は健在ですが、なぜかフレームとフォーク以外原形を見出すことができません。そのことについては、ぼちぼち記事にしていきたいと思います。


    これが我が家にやってきた当日のRFX8です
    DSC00056.JPG


    現在の姿です
    R0014205_R.JPG
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    市川市東山魁夷記念館 HOME 利根運河ポタ
    Copyright © emoです All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]