忍者ブログ
自転車好きの工作好きです
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 最新コメント
    [11/25 やだ]
    [07/23 エンツォR]
    [07/20 かめまる]
    [07/11 kincyan]
    [06/13 kincyan]
    プロフィール
    HN:
    emo
    性別:
    男性
    趣味:
    自転車 工作
    最新トラックバック
    バーコード
    ブログ内検索
    忍者アナライズ
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    このブログでは珍しく食べ物ネタです。
    DSC07176_R.JPG



















     
    角平は横浜にある蕎麦屋です。
    ガキの頃戸部という所に住んでいたことがあって、何度となく親に連れられて行っていました。そういえば毎週この前を通って習い事にも通っていました。
    そんなことなので、もう40年以上になります(スゲェ、歳取ったなぁ)。さすがに船橋に来てからは、年に数えるほどしか行けません。今年は今日が初めてです。

    角平の「かど」の字は正式には真ん中の棒が下に突き出ます。でもそんなフォントはありません。そのことに拘って、以前はパソコンで検索しても「角平」ではヒットせず、ひらがなの「かどへい」でないとダメでした。でも今はさすがに諦めたようです(WEB上では)。




    横浜駅の東口を出て右に歩くとすぐに横浜中央郵便局があります。この場所は昔から変わってない。
    DSC07163_R.JPG


















    その向かいは崎陽軒のビル。ガキの頃はここの一階がガラス張りの工場になっていて、路から作業風景が見えました。よくガラスに貼り付いて眺めていたものです。
    DSC07164_R.JPG  ↓ こっち側がガラス張りでした
      DSC07165_R.JPG

    崎陽軒のシウマイ・シウマイ弁当は、船橋の東武デパートや市川のシャポーでも手に入るので、今でもよく食べます。ただシウマイ弁当の箱は、経木の上にボール紙をすっぽりかぶせています。千葉へ運ばれてくるのは東京工場で作られたもで、こうなっているらしいです。横浜のは薄い紙が載せてあるだけ。なぜか横浜の方が美味しく感じる…。
    DSC07166_R.JPG


















    DSC07167_R.JPG


















    DSC07168_R.JPG


















    京急を見ながら京浜東北線(根岸線)をくぐった先、平沼一丁目の交差点の角にお店はあります。だから角平。
    DSC07174_R.JPG


















    9月半ばですが夏真っ盛り、今日も暑い。
    DSC07173_R.JPG


















    交差点に面している方、でもこれは裏側です(きたなトランじゃないよ)。表の入り口は平沼商店街の角にあります。DSC07175_R.JPG



















    ここで頼むのはいつも「大つけ」。DSC07177_R.JPG



















    お客さんの半分以上は、「つけ天」(女性)、「大つけ」(男性・つけ天の大盛り)を注文します。ほかの物も食べてみたいのですが、めったに来られないのでつい「大ひとつ」と言ってしまいます。

    午後2時半~3時ごろという中途半端な時間に居ましたが、8割方埋まっていてひっきりなしに出入りがあります。以前私の自転車の師匠とここで飲んだのですが、3時~5時頃が一番空いているようです。




    お蕎麦はお土産で持ち帰れます。最初にお土産を買ったときに、船橋まで持って帰ると話したら、それじゃあ打ち粉を多めに入れておきます、と言われました。それ以来いつも「打ち粉多めで」。
    でもそおーっと持って帰らないと、蕎麦同士がくっついてしまいます。
    自転車なんぞで持って帰ったら、そばがきになってしまうでしょう。
    DSC07180_R.JPG


















    あまり出歩くことが出来なくなった両親に、角平の蕎麦を茹でます。
    私は大きめの中華鍋を使います。普通の鍋に比べると、圧倒的にふきこぼれに強いです(勿論うどんやスパゲッティでも)。中華鍋はこのために買いました。
    DSC07182_R.JPG DSC07183_R.JPG
    打ち粉はこんなにたくさん入れてくれました。
    DSC07184_R.JPG


















    DSC07186_R.JPG


















    つけ天、一丁上がり。
    DSC07187_R.JPG




















     
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    終始「いい話だな~~」と、しみじみ・・・
    テガさん / 2012/09/16(Sun) /
    Re:無題
    ただの蕎麦好きです…。

    でも、5歳から12歳までを過ごした横浜がやたら懐かしいです。オッサンになった証拠でしょうか。
     (2012/09/16)
    マツムシコーヒー in autumn HOME また筑波
    Copyright © emoです All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]