忍者ブログ
自転車好きの工作好きです
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 最新コメント
    [11/25 やだ]
    [07/23 エンツォR]
    [07/20 かめまる]
    [07/11 kincyan]
    [06/13 kincyan]
    プロフィール
    HN:
    emo
    性別:
    男性
    趣味:
    自転車 工作
    最新トラックバック
    バーコード
    ブログ内検索
    忍者アナライズ
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今年のクリスマスイブの日は出勤日でした。定時で上がり、なるしまフレンドに寄りました。

     

    前からミニベロ・Seraphをスレッドにしたいな~、と思っていました。
    現在は、なんちゃってアヘッドにロードのステムです。
    RIMG5173_R.JPG
    ちなみにこのなんちゃってアヘッド(スレッドレスコンバーター)は700円くらいでした。

    スレッド化にとって一番の壁はハンドルクランプ径です。
    最近のロード用のドロップハンドルのクランプはほとんどがφ31.8、(φ35というのもある)
    これに対してスレッドステムはφ25.4かφ26です。手に入りやすいNITTOでは
    特に長いポストのものはφ25.4しかありません。幸い私のSeraphのフォークコラムは
    ヘッドチューブから40mmほど飛び出ているので短いポストのステムで済みそうです。
    (SeraphMR標準のフレームセットではこの飛び出た部分がなく、長いポストのステムを
    使わないとポジションが出ないんじゃないかな)



    ハンドルの好みはコンパクトシャローでリーチ・ドロップとも小さいもの。
    お店でハンドルを探すと良さげなハンドルを発見しました。
    小型のシャローで幅380mm、シルバーが欲しかったのですが黒しかないのでガマンします。
    TNIのエルゴノミック・シャロー・エコというのもでした。
    ステムもありました。NITTO・Dynamicの100mm。

    ハンドルとステムを手にとってしばし眺め、通りがかった店員さんに質問。
    「このステムにこのハンドル、通りますか?」
    ハンドルの肩の部分が結構きついRだったので心配になったからです。
    他の店員さんにも当たってくれると、経験があるような無いような。
    「無理」と言う人もいるし「行ける」と言う人もいる…。
    いずれにしてもクランプの「割り」の部分をかなり広げないと通らないようなので、
    「決してお勧めはしません。ダメだったら持ってきてください(工賃かかりますが)」
    との忠告を受けながら購入しました。

    できないかもしれない、と言われると俄然やる気が出てくるのは何故でしょう?
    お店の人は、隙間に何かを差し込んでこじるように開いて・・・と言っていましたが、
    ねじで広げることにしました。

    予想よりもかなり広げないとダメでしたが…、結果は…無事成功しました。
    RIMG5438_R.JPG
    こんなに広げられて可哀そうです。
    今回使った冶具は以下のもの。
    RIMG5443_R.JPG
    クランプねじはM8なので一回り小さいM6を使います。
    「割り」の隙間にナットを入れるのですが、そのままだと入らないので薄く削ります。
    元のねじ山を傷めないために、パイプを作ってクランプのめねじに入れてガードします。
    持ち出した押しねじがちょっと短かかったので、パイプに入るようなスペーサーを作りました。
    これでねじを締め込めば、ナットとねじの先端で力を受けて「割り」が広がります。
    こじって広げるのと違って保持力は必要ありません。

    やってみると分かりますが、通しやすさはステム長とポスト長にもかなり影響されます。
    このハンドル形状だと、ステム長は長いほど、ポスト長は短いほどやりやすそうです。
    また、クラシカルなシャロー(丸ハン)や大き目のアナトミックならそんなに苦労しないでしょう。

    かなり広げたので、開いた口が塞がらない状態になってしまいました(大丈夫かなぁ)。
    RIMG5439_R.JPG
    冶具を取り去り、開いた口をバイスで挟んで形を整えました。
    元のクランプねじを締めて出来上がり。
    RIMG5440_R.JPG
    確かに「一般の人」は止めておいた方が無難ですね。
     
    RIMG5444_R.JPG

    RIMG5445_R.JPG

    RIMG5442_R.JPG
    でもやっぱりシルバーのがいいよなー。
    でもアルマイト落とせないしなー。

    交換は後日になります。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    なるほど、クランプ割を広げる際のネジの利用法には、感服致しました。
    私も、ママチャリのBBをはずすときに、同じような原理を応用しました。
    ネジというのは、人類の大発明ですね。

    それと、ドロップハンドルというのは、サドルと同じような難しさがありますね。
    使ってみないことには分からないので、どんどん、押入の在庫が増えてしまう・・・。
    断腸亭さん / 2011/12/27(Tue) / URL
    無題
    断腸亭さん

    私も物が増える一方です。
    しかも整理が下手っぴだから、同じ物を二度買ってしまう。
    自分にがっかりです。
    人生の1/3は寝てて、1/3は遊びや仕事、1/3は探し物をしています。
    33%が無駄になってる!
    emoさん / 2011/12/28(Wed) / URL
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ホキ美術館 HOME 実習・旋盤セミナー後編
    Copyright © emoです All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]